相性が悪い?制汗剤が合わない時は”有効成分”を変えよう

 

 

 

相性

 

制汗剤を使うと痒みや赤みが出たり、衣類が変色したりするのは制汗剤との相性が悪いとも言えます。

あなたに合った制汗剤を選ぶには、まず含まれている成分を気にする必要があります。

 

 

制汗剤との相性・個人差があるのはナゼ?

個人差

制汗剤には、商品によって表示されていないものもありますが、たいていパッケージの裏面などに“有効成分”が書かれています。

何気なく成分を見過ごしてしまいますが、どの制汗剤もたいてい含まれている有効成分が違います。

制汗剤には、薬と同じような有効成分があって、風邪に効く薬、インフルエンザに効く薬というように異なった効果・効能があるんです。

 

 

臭いが不安な管理人
臭いが不安な管理人

私は、鼻からくる人です・・笑

一方、個人差というのは、お酒に例えると、甘酒を一口含んだだけで酔ってしまう人がいたり、ウイスキーのロックを飲んでも全然平気な人がいたりします。

ワキ部分も人によって、汗の量や、皮膚に常在している菌の種類やバランスが違います。

 

制汗剤の成分の違いや個人差により相性の良いデオドラントは異なります。

 

商品を口コミなどを参考にするのは良いですが、他人の感想はあくまで参考程度に留め、制汗剤の実際の効果や副作用を使う前から決めつけてしまわないようにしましょう❗

 

脇の部分が変色するのは制汗剤との相性が悪いから?!

制汗剤を使って洋服の脇部分が変色・色落ちした経験がある人は、制汗剤とあなたの汗との相性が悪いのかもしれません。

人の常在菌はそれぞれ微妙に違うので、化学物質が多く含まれている制汗剤ほど菌との相性が難しく黄ばみの原因になるようです。特に、ロールオンタイプにその傾向が強いです。

 

制汗剤を使用していない時にも服が変色しているなら、ワキガ体質だと、アポクリン腺からの黄色みのある汗が出ることも考えられます。

加齢やストレスなんかもミネラルなど含んだ汗を出し、服を変色させる時もあります。

 

大切な服の時は、汗パッドを使いましょう。

また、色落ちしたのではなく、色が付いたので、熱いお湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かして冷めるまで浸け置きして、あとは普通に洗濯すれば元に戻りますよ。

 

 

 

“有効成分”を知らないで買うのはNG!

Buy

“有効成分”があなたに効かない成分である場合があります。

また、何に効く有効成分を知らないで制汗剤を選んだことによって、その成分があなたが求める作用が無くて効かないってことにもなってしまいます。

それに、制汗剤の成分が体質的に合わない人もいるので、注意が必要なんですよ。

 

🖤「制汗剤が合わない」海外の”有効成分”は医薬品レベルで危険?

 

制汗剤の“有効成分”は、何十種類もあります。

「成分」というと何だか気構えてしまいますが、全然そんなことはないんです。

 

“有効成分”の効き目で言うと2つの役割が存在します。

 

悩む管理人
悩む管理人

『2つ、それだけ?』と聞いて拍子抜けしてしまいますね。

 

 

その2つの“有効成分”の効き目というのは汗を止める成分雑菌を増やさない成分」です。

まずはこれだけ頭に入れておいて下さい。

 

 

制汗剤の“有効成分”には、「汗を止める成分」と「雑菌を増やさない成分」がある。

 

 

 

制汗剤の”有効成分”とは

Buy

普段ドラッグストアなどでなんとなく購入している制汗剤やデオドラントですが、「薬事法」によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されています。

 

医薬品は、いわゆる「薬」で 厚生労働省がその効果を認可したもので、処方には、医師の診療が必要となります。

「医薬部外品(薬用)」では、その製品の医薬部外品としての効果・効能に対して、医薬品医療機器等法に基づき承認を受けた有効な成分を「有効成分」としています。

成分表示でも、「有効成分」は「その他の成分」と区別して表示されています。

医薬部外品は配合成分の含有量を記載しなくてもいいので、全く効果が無いぐらいほんの僅かな量でも配合していれば配合成分として記載できるって事にもなります。

 

「化粧品」は、国からの認定がされていないので、医薬部外品のように「有効成分」と商品に記載することはできません。

しかし、化粧品は独自に配合成分や配合率を決定できます。そのため成分を医薬部外品よりも高く配合出来たり、効果が期待できる最新の成分を配合することが可能です。

 

真面目な管理人
真面目な管理人

医薬部外品より化粧品の方がワキ汗に効く濃度の高い成分が入っている化粧品の制汗剤もあるんですね。

 

医薬部外品だから効くというわけではありません。

また化粧品で『天然植物エキス配合』といった謳い文句でも、中には20種類ほどの植物エキスが配合されている製品もあります。

安心できそうな制汗剤を選ぶ際は『天然植物エキス配合』といった謳い文句を基準に選ばないようにしましょう。

 

有効成分やその他の成分にも様々なものがありますので、自分に合った成分が配合されている制汗剤を選びましょう。

 

 

同じ有効成分でも制汗剤に違いはある?

ドラッグストアに行くと、夏はコーナーがあったりしてズラっと制汗剤などが売られていますよね。

その中で殺菌や制汗の有効成分は、イソプロピルメチルフェノール・パラフェノールスルホン酸亜鉛といった同じものが多いです。

しかし、実際に使ってみると効果のほどは様々です。これはその他の成分の組み合わせや含有量が影響しているからだと思われます。

 

実は、「臭いを抑える目的」だけならば、【汗を止める成分】か【雑菌を増やさない成分】のどちらか1種類の成分を使用すれば十分なのだそうです。

しかし、それでは会社として差別化された売れるデオドラント商品として販売できません。

なので、化粧品会社では両者を組み合わせたり、さらにこれらの予防策を通り抜けて発生してしまったニオイ成分を吸着消臭する製剤や、違う香りでマスキングする香料などを加えるなどして、商品価値を高めて差別化しています。

製造会社によってアレルギー反応などの副作用を抑えるため、制汗剤の殺菌薬剤の濃度や汗抑制剤との比率が違います。

たくさん売られている制汗剤の違いとは、「汗を止める」ことに特化した商品、「雑菌を増やさない」でニオイを抑えることに重きをおいた商品、ニオイで誤魔化すタイプの商品、または、バランスの取れた商品など様々あるのです。

 

困った管理人
困った管理人

同じように見える制汗剤はたくさんありますし、『汗』対策と『雑菌』対策の商品を知らずに購入してしまっているんですね。

 

高い効果を得るために大事なのは『配合成分の数ではなく、成分の組み合あせの相性と含有量』です。

なので、制汗剤が効かない(合わない)ときは、嫌な臭いの発生の原因である「汗」と「雑菌」対策を成分によって、制汗剤を選ぶのがベストです

 

 

 

 

 

 

成分以外にも…合わない制汗剤は体臭が強くなる

 

ニオイや汗を防ぐ為の「制汗剤」ですが、合わない成分の制汗剤は効かないと説明しました。

他にも合わない原因があり、逆に体臭が強くなることがあります。

 

びっくりな管理人
びっくりな管理人

ええ~!相性が悪くて逆にニオイが強くなってしまう制汗剤があるの?

 

 

 

1つ目は、制汗剤の中で一番主流なスプレータイプは、汗の量が多い方は相性が悪いです。

汗でパウダーが流れ落ちて効果が持続しませんし、汗でパウダーが固まり、ニオイの原因になってしまうことがあります。

汗が出ることは、人間の身体にとって自然な現象なのですが、制汗剤を使うことで、汗腺と呼ばれる汗の出入り口にフタがされ、汗が閉じ込められてしまいます。

そうすると、身体の中の老廃物や毒素が排出されにくくなり、体内に溜まることでニオイの原因になってしまいます。

なので、スプレータイプと相性の良い人は「汗の量が少ない、ニオイがあまり気にならない」人です。

 

Incompatible

 

2つ目は、肌が弱い方・汗をかく量が少ない方は、殺菌作用・制汗効果が高い「ロールオンなどの直塗りタイプ」と相性が悪いです。

殺菌作用の強いものは、肌にいる必要な常在菌まで減らしてしまいます。その結果、悪玉菌が増えてしまい、ニオイの原因になることがあります。

常在菌のいなくなった肌は、少しの刺激で荒れやすくなるため、黒ずみの原因にもなります。

 

ロールオンなどの直塗りタイプと相性の良い人は、肌に直接塗ることが出来て、密着度が高いので、ニオイを防ぐ効果が高いので、「ニオイが強いと感じる」人です。

 

 

 

 

間違った使い方や制汗剤の過剰な使用をしても、逆効果となり、効果が減少し、余計に体臭が悪化してしまうことがあります。

また、薬品には副作用の不安が必ずついてくるので、制汗剤を使用する前に使用上の注意事項を熟読する必要があります。

使っている制汗剤の使用方法をきちんと確認して使いましょう。

 

🖤 《制汗剤が効かない》逆効果になる誤った使い方してませんか?

 

 

それでは、具体的に【汗を止める成分】と【雑菌を増やさない成分】いうのはどんな成分か見ていきましょう。

 

「汗」対策に効く成分

 

「汗を止める成分」とは、汗自体を少なくして、嫌なニオイを抑える成分です。

汗が分泌されなければ、脇の皮膚にいる常在菌も悪臭を出しません。

 

ニオイの原因となる汗をしっかり抑えてくれるため、制汗剤に含まれていることが多い成分です。

では、どんな成分がどの商品に入っているかを紹介しますね。

 

 

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、制汗剤に使用されている成分の中で、もっとも強力に発汗を抑えます。

塩化アルミニウムが汗腺を塞ぐことで、汗をせき止める効果があると考えられています。

 

真面目な管理人
真面目な管理人

私も塩化アルミニウムが含まれている制汗剤が最強だと思っています。

ただし、塩化アルミニウムは水分と反応すると塩酸が発生するため、使用後にかゆみや痛みを感じる人が少なくありません。

塩化アルミニウムが入っている制汗剤を使用する際には、まずパッチテストを行うか、初日の使用を少量に抑えるなどして様子を見ましょう。

 

日本製の制汗剤は数が限られていて含有量(濃度)が少なく効果が弱いです。肌が弱い人、初めて使う人、ニオイが軽度~中程度の人は日本製のものから試してみましょう。

肌が強い人、ニオイが強めで市販の制汗剤では満足できない人は、海外製のものが良いでしょう。

 

海外製:「デトランスα(パースピレックス(Perspirex)」サーテンドライ(CERTAIN DRI)AHCセンシティブ、ドリクラー

日本製:オドレミン(13%)、テノール液(3%程度)

 

 

クロルヒドロキシアルミニウム

塩化アルミニウムと同様に、汗腺に収れん作用が働き汗の分泌を抑制します。塩化アルミニウムと比べると効果はおとりますが、しっかりと汗をブロックするため、多くの市販デオドラント商品に配合されています。

Sinai、レセナ ドライシールド パウダースティック、Ban汗ブロックロールオン、8×4 ワキ汗EX、リフレア 汗シールド、アンティ パースパイラントデオドラント ロールオン、デトランスα

 

 

ミョウバン

塩化アルミニウムでアレルギーが出た、皮膚が弱くて使用できない、という人は、このミョウバンとの相性も試してみましょう。

ミョウバンは天然の鉱物で、食品にも使用されるなど安全性の高い成分です。

古くから消臭に使用されており、多くのデオドラント商品に配合されています。

ミョウバンの収れん作用で汗腺がひきしまり汗を抑制したり、汗と反応して酸性になることでワキの臭いを発生させる細菌が繁殖しづらい環境を作ってくれます。

 

デオナチュレのクリスタルストーン

 

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗の中のタンパク質と反応することで固まり、汗腺にふたをする金属塩です。

同じような制汗作用のある塩化アルミニウムよりも毒性は低いとされています。

 クリアネオ、ラポマイン、 リフレア、デオシーク

 

 

収れん剤】と「収れん作用

汗を抑える成分の中に【収れん剤】といって、クロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛などがよく使用されています。
実際にはもっと複雑な作用がありますが、これらの金属塩は、汗の中に含まれるタンパク質と凝固物をつくって汗腺の出口を閉塞してしまうことで汗を抑えます。

「塩化アルミニウム」もお肌につけることによって皮膚のたんぱく質に働きかけて、血管を縮めて汗の分泌を抑える効果があります。

このような血管など縮める作用のことを「収れん作用」と言います。
お医者さんなどは、止血する際によく収れん剤を使用します。

この収れん剤は汗を止められて、体臭も抑えることができる便利なものですが、体質的に収れん剤が合わない人もいるので注意が必要です。

 

 

 

 

「雑菌」対策に効く成分

雑菌を増やさない成分、雑菌の繁殖を抑えるのは【抗菌剤や殺菌剤】の役目をする成分です。

殺菌剤は身近なものにもあり、お酢とかオロナイン軟膏、消毒用エタノール(アルコール)などもそうです。

 

制汗作用はないので汗は通常と同じ量が出てしまいますが、汗そのものは臭いがなく、汗からの雑菌の増殖により臭いが発生します。

ワキ汗が多くてもバクテリアがいなければワキ特有の匂いは出ません。

 

ワキガ臭・汗臭は、汗の成分が皮膚常在菌(バクテリア)によって分解されることで発生します。

皮膚常在菌の一種のジフテロイド菌というのは誰の皮膚上にも存在すると言われています。

「ジフテロイド菌」は、アポクリン腺の汗を分解しワキガ臭を発生させます。

そして、わきが体質の方の脇にはジフテロイド菌が多いと言われています。

 

汗臭に関与する菌としては黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などです。

 

「雑菌」対策に効く成分は、臭いの発生源を退治できるので、こうした殺菌・抗菌成分は重要な成分です。

 

 

ワキ汗成分に集まってくる皮膚常在菌は多様で、薬剤の効きにくい種類もいます。

また、同じ成分の制汗剤を使い続けると皮膚常在菌の一部に耐性がついて殺菌できなくなったりします。

人の常在菌はそれぞれ微妙に違うので、色々な成分の制汗剤との相性を試してみましょう。

 

 

塩化ベンザルコニウム

塩化ベンザルコニウムは、微生物や雑菌の繁殖を抑える成分で、「ベンザルコニウムクロリド」とも言います。

「ジフテロイド菌」をを殺菌する成分として、多くの制汗剤に含まれています。

身近な商品にもよく含まれていて、液体ハミガキにも入っています。病院での消毒や、洗浄液、目薬などにも使われており、すべて殺菌を目的とされています。

 

2017年に「塩化ベンザルコニウム」の有害性を示す新しい研究が発表されました。皮膚や呼吸からの吸収で胎児の脳や脊髄の欠損が150倍も増えるそうです。

まだ研究段階で確実に安全な成分とは言えないので、不安な方は使用しない方が良いでしょう。

 

デ・オウ 薬用プロテクト デオジャム、リフレア、エキシウS、8×4 高密着ケア リキッドロールオン(花王)、Ban (バン) ニオイブロック ロールオン(ライオン)、シーブリーズ デオ&ウォーター(資生堂)

 

 

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)(シメン-5-オール)

高い殺菌力を持ち、防臭剤や抗菌剤として使用されています。

低刺激で、臨床試験等で皮膚アレルギー性の報告はされていません。

身体に問題ないように化粧品の中では0.1%以下、医薬部外品では1%以下と、厚生労働省より定められています。

 

クリアネオ、ノアンデ、ラポマイン、クリアンテ、デオナチュレソフトストーン、エージープラス、H・ミッテルクリーム、リフレア、8×4、BAN、ラヴィリン、チュラリアなど

 

β-グリチルレチン酸

強い抗菌作用があり、肌の炎症を抑えるほか、体臭の原因になっている原因菌に対し殺菌作用や防臭作用があります。

2010年には、ニベア花王が「β-グリチルレチン酸」がワキガの原因菌のひとつと考えられている「コリネバクテリウムキセロシス」に対して、有意な殺菌作用を持つことを発見しました。

薬用植物として知られる甘草からつくられる自然由来の成分で、医薬部外品の有効成分に認定もされているので安心して使えます。

副作用についてはむくみや高血圧症状などが報告されていますが、塗布する程度であればそれほど心配は要りません。

 

8×4 シリーズ

 

柿タンニン

すぐれた消臭効果があるといわれているのが柿タンニンです。昔から消臭剤などに使用されてきた実績があります。

渋柿に含まれる成分で、強い抗酸化作用・殺菌作用を持つポリフェノールの一種です。

特に加齢臭、皮脂臭、アンモニア臭を抑える効果が高い事で有名で、体臭を消す石鹸などに使われている事の多い成分です。

ワキガの原因菌へ直接作用するわけではないのですが、皮脂の臭いを抑えるので、アポクリ腺と混ざった皮脂からの臭い(=ワキガ臭)が軽くなるケースがあります。

こちらも自然由来の成分で柿タンニンの副作用は、特にありません。

 

クリアネオ、ノアンデ、クリアンテ、ラポマインなど

 

相性が悪い?制汗剤が合わない時は”有効成分”を変えよう・まとめ

高価なもの、安価なものなど色々な種類がありますが、自分に合ったものを見つけることが大切になります。

制汗剤の成分の違いや個人差により相性の良いデオドラントは異なるので、制汗剤が効かない時は紹介した”有効成分”などを試してみて下さいね。

色んな製品を試してみる場合は、前の商品を使い終わった後にしばらく間隔をあけてから試すことをお忘れなく。

前の商品の成果が残ったまま、次の商品を使ったりすると肌トラブルを起こしたり、本当の効果の判断が付かない可能性があります。

 

商品を購入する前にチェックして、自分に合った成分が配合されている制汗剤を選びつつ、使用方法を守って安全に使って下さい。

夏は制汗効果の高い成分が含まれている制汗剤、冬は殺菌効果の高い制汗剤を使ってみるのもおすすめですよ。

 

デトランスαを2回目にも安く買う方法

通常、デトランスαは、キャンペーンで安く買った後は定価で購入が必要です。

しかし、2度目の購入でも安く買う方法があるんです。

気になった人はこの記事を読んでみて下さい。

デトランスαを2回目の購入してみた!同じく安く買う裏技

 

 

「デトランスα」のお得な情報♪



その効果を疑っていた私でも「求めていた制汗剤にやっと出合えた!」と感動した商品です。

ワキの臭いにもう悩まないでいたいと思うあなたは、是非試してみてください。

高級な日本製の制汗剤よりも安く買えて、効果は長時間で塗り直す必要はもうありません。

 

 

今なら普通サイズの敏感肌用がなんともう1個付いてきて、価格も¥2,900円です。

キャンペーン中なので、かなりお得なタイミングです。

医療先進国デンマークで開発された人気のロールオン【デトランスα公式サイト】

口コミ
デトランスαのワキガへの効果