ワキガで制汗剤が効かない人は【効く成分や仕組み】を知らない

component

人によって、アポクリン腺から出る汗の量や、皮膚に常在している菌の種類やバランスによって相性の良いデオドラントは異なります。

 

「とにかく効果が高い制汗剤が欲しい」そうは思っても、数多くのメーカーからデオドラント商品が発表され、ドラッグストアでも通販でも何を買ったら良いのかわからない…というのが本音ではないでしょうか。

汗を抑えるものは収れん剤といって、クロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛などがよく使用されます。それらの金属塩は、汗の中に含まれるタンパク質と凝固物をつくって汗腺の出口を閉塞してしまうことで汗を抑えます。(実際にはもっと複雑な作用がありますが)

雑菌の繁殖を抑えるのは抗菌剤の役目です。これらの殺菌剤には、塩化ベンザルコニウム、イソプロピルフェノール、パラベン、トリクロサンなど数多くあり、これらの差が主にデオドラント剤の特徴の違いとなっています。最近では銀を含有したゼオライトを配合した製品も販売されて人気商品となっています。

「汗」対策に効く成分

本当に効く制汗剤が欲しいのであれば、選び方はまずパッケージの裏面に書かれた“成分”を見ることです。
しかし、化粧品の成分や薬品に余程詳しくない限り、いきなり制汗に効果のある成分を見極めろ、と言われても困ってしまいますよね。
そこで、商品を購入する前にチェックしてほしい、制汗効果のある成分をピックアップしてみました。

 

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、市販の制汗剤に使用されている成分の中で、もっとも強力に発汗を抑えます。
塩化アルミニウムが汗腺を塞ぐことで、汗をせき止める効果があると考えられています。
ただし、塩化アルミニウムは水分と反応すると塩酸が発生するため、使用後にかゆみや痛みを感じる人が少なくありません。塩化アルミニウムが入っている制汗剤を使用する際には、まずパッチテストを行うか、初日の使用を少量に抑えるなどして様子を見ましょう。

 

 

クロルヒドロキシアルミニウム

塩化アルミニウムと同様に、汗腺に収れん作用が働き汗の分泌を抑制します。塩化アルミニウムと比べると効果はおとりますが、しっかりと汗をブロックするため、多くの市販デオドラント商品に配合されています。

 

 

ミョウバン

塩化アルミニウムでアレルギーが出た、皮膚が弱くて使用できない、という人は、このミョウバンがおすすめです。
ミョウバンは天然の鉱物で、食品にも使用されるなど安全性の高い成分です。

古くから消臭に使用されており、多くのデオドラント商品に配合されています。
ミョウバンの収れん作用で汗腺がひきしまり汗を抑制したり、汗と反応して酸性になることでワキガの臭いを発生させる細菌が繁殖しづらい環境を作ってくれます。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗の中のタンパク質と反応することで固まり、汗腺にふたをする金属塩です。
汗が分泌されなければ、脇の皮膚にいる常在菌も悪臭を出さないので、制汗とワキガ対策の両方を兼ねることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

汗を抑える高い制汗作用がある成分がパラフェノールスルホン酸亜鉛です。デオドラントなどに使用されていることが多いもの。わきが臭の原因となる汗をしっかり抑えてくれるため、わきがクリームに含まれていることが多い成分です。

 

 

 

 

 

 

エタノール 別名:アルコールデナ

エタノールの効果
細菌に対し消毒できるアルコール成分

エタノールの副作用
刺激、発疹など

エタノールが含まれているデオドラント
デトランスα、リフレア、薬用サラノンMX 、クイックダッシュ、薬用デオラボクリーム、薬用デオラボクリーム、ノアンデ、BANなど

塩化ベンザルコニウム

塩化ベンザルコニウムの効果
強い殺菌力があり手の消毒薬として使われている成分です。ワキガの原因菌コリネバクテリウムキセロシス(ジフテロイド菌)にも効果がありますが、悪臭を抑える働きのある善玉菌を殺菌してしまう事があります。ワキガ軽度の方や肌が弱い方が使う際は注意が必要です。

塩化ベンザルコニウムの副作用
白斑(部分的な色抜け)の報告があります。その他、肌荒れやかぶれなど

塩化ベンザルコニウムを使ったデオドラント
リフレア デオドラント クリームバー
8×4 高密着ケア スティック
エキシウ

 

4:Ag+(銀)イオン
Ag+(銀)イオンの効果
殺菌効果が高く、ワキガの原因菌を一時的に減らす効果があります。

Ag+(銀)イオンの副作用
かぶれ、腫れなど。金属アレルギーのある人は使えません。

 

また副作用ではないのですが、銀イオンが入っている物は、汗と反応すると洋服に茶褐色のシミがつき洗濯してもとれない事があります。

Ag+(銀)イオンを使ったデオドラント
資生堂Ag+など

 

 

汗をとめる成分

1:パラフェノールスルホン酸亜鉛 別名:フェノールスルホン酸亜鉛
パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果
汗を抑える効果がある収れん剤。皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して膜を作り、汗が出るのを抑えます。

 

エクリン線の汗より、ワキガの原因であるアポクリン腺を抑える効果があります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛の副作用
白斑(部分的な色抜け)の報告があります。 参照:http://www.pmda.go.jp/files/000160692.pdf

パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているデオドラント
クリアネオ、ノアンデ、ラポマイン、クリアンテ、ODORBAN、H・ミッテルクリーム、チュラリアなど
2:塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)
塩化アルミニウムの効果
汗の中の塩分と反応し、結晶化する汗をとめる作用があります。わきがの原因であるアポクリン腺の汗ではなく、エクリン腺の汗を抑えます。

塩化アルミニウムの副作用
かぶれ、ぴりぴり、かゆみ、水泡。アルツハイマーの危険性を指摘する専門家もいますが、口から摂取しない限り危険性は低いと言われています。

塩化アルミニウムが含まれているデオドラント
デトランスα、オドレミン、エキシウクリームなど
3:クロルヒドロキシルアルミニウム
クロルヒドロキシルアルミニウムの効果
汗を抑える収れん剤。汗止め効果があり、数多くの制汗剤に使われています。「アルミニウム」という名前が付き、塩化アルミニウムと同類に思えますが、全く別の物質です。ベビーパウダ―にも主成分として使われています。

クロルヒドロキシルアルミニウムの副作用
かぶれ、ぴりぴり、かゆみなど。
アルツハイマーの危険性を指摘する専門家もいますが、口からの摂取ではない限り危険性は低いと言われています。

クロルヒドロキシルアルミニウムが含まれたデオドラント
エキシウクリーム、リフレア、BAN、デオDR、クリニークアンティ パースパイラントデオドラント、ロールオン、レセナ、ドライシールド パウダースティックなど
汗どめ+殺菌効果のある成分

1:ミョウバン(アルム石)
ミョウバンの効果
昔から消臭剤として使われてきた天然鉱物。汗を止め菌の繁殖を抑える働きがあります。

ミョウバンの副作用
アルミニウムが含まれ、アルツハイマーの危険性や肝臓障害、腎臓障害を指摘する専門家もいます。みょうばんは漬物やお菓子の添加物としても使われていますが、口から摂取する分は厚生労働省で規制をしています。

 

アルミニウムは基本的に経皮摂取(皮膚を通しての摂取)はしないと言われ、デオドラント、制汗剤としての使用は問題ないとされています。

ミョウバンを使ったデオドラント
クリスタルストーン、デオクリスタル、デオナチュレ

 
 

効果
ミョウバン
焼きミョウバン
緑茶乾留エキス
銀・アンモニウム担持ゼオライト
酸化亜鉛
パラフェノールスルホン酸亜鉛
イソプロピルメチルフェノール
ベンゼトニウム塩化物
ベンザルコニウム塩化物
β-グリチルレチン酸
塩化アルミニウム
アルミニウム・オクタクロロヒドレックスグリシン
アルミニウム・ジルコニウム・テトラクロロヒドレックスグリシン
アルミニウム・ジルコニウム・トリクロロヒドレックスグリシン
アルミニウム・セスキクロロハイドレート
クロルヒドロキシアルミニウム

 
 

 

 

 

デトランスαを2回目にも安く買う方法

通常、デトランスαは、キャンペーンで安く買った後は定価で購入が必要です。

しかし、2度目の購入でも安く買う方法があるんです。

気になった人はこの記事を読んでみて下さい。

デトランスαを2回目の購入してみた!同じく安く買う裏技

 

 

「デトランスα」のお得な情報♪



その効果を疑っていた私でも「求めていた制汗剤にやっと出合えた!」と感動した商品です。

ワキの臭いにもう悩まないでいたいと思うあなたは、是非試してみてください。

高級な日本製の制汗剤よりも安く買えて、効果は長時間で塗り直す必要はもうありません。

 

 

今なら普通サイズの敏感肌用がなんともう1個付いてきて、価格も¥2,900円です。

キャンペーン中なので、かなりお得なタイミングです。

医療先進国デンマークで開発された人気のロールオン【デトランスα公式サイト】

使い方
デトランスαのワキガへの効果